医療として使われているきっかけ

医療として使われているきっかけ

1940年代、関節炎になり廃馬寸前だった競走馬の関節にヒアルロン酸を注射したところ、見事復活し、なんとレースで優勝までしたというニュースが広がりました。


ヒアルロン酸は当初、人のさい帯(へその緒)や鶏の「とさか」から精製されていました。


2000年に医療品の審査の厳しさでは定評のあるFDA(日本の厚生労働省にあたる食品医療局)の承認をアメリカの各メーカーが受けたことから、ヒアルロン酸注入による美容技術が一気に進化し、広がっていったのだった。


しかしこれらから精製されたヒアルロン酸は動物由来であるため、アレルギーなどの副作用のリスクがあったのでした。


ヒアルロン酸が医療として使われるきっかけになりましてしまいましたとしてましてしまったのは、馬だといわれている。


1950年代後半には、眼科手術で硝子体の補充・置換療法に用いられるようになり、医学の世界で幅広くヒアルロン酸が使用されてしまうようになりましてしまおりました。


近年は連鎖球菌由来の非動物性ヒアルロン酸が精製させられるようになり、アレルギー反応はぜんぜん起こらなくなりました。


これが、人体へ応用するためのきっかけとなりましたと言い聞かされてるのです。


トップへ戻る